【葉隠】終わりなき修行

修行に於いては、是まで、成就といふ事はなし。
成就という所、そのまま道に背くなり。
一生の間、不足不足と思ひて、思ひ死にする所、後より見て成就の人なり。

葉隠より

修行には成就したということはない。成就したと思うのであれば、それは修行ではない。生きている間はまだまだと思い続け、死を迎えた後で、成就したかどうかが分かる。

目次

「今」という「途中」にいる

武士道において、その人の価値は死んだ時にこそ決まると考えられていました。

日頃から身だしなみを整え、散り際に美学を求めるのもそのためです。

私たちは「成功者」「失敗者」という区別をつけることがあります。

しかし、私たちが「今」見ているものは、その「途中経過」に過ぎません。

その人そのものが成功しているわけではなく、もちろん失敗したわけでもありません。

その一つのことにおいて、一時的にうまくいっているかどうか!?を判断しているだけです。

「今」というのは全て「途中経過」です。

まだまだ「結果」が出ているわけではありません。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる