【徳川光圀】真の勇気

「戦場に駆け入りて討死するは、いとやすき業にて、いかなる無下の者にてもなしえられるべし。生くべき時は生き、死すべき時のみ死するを真の勇とはいうなり」

徳川光圀

戦場に駆け入って討死するだけなら、とても簡単なことで、盗賊の類でもできることだ。生きるべき時は生き延び、死ぬべき時に死ぬことこそ真の勇気という。

徳川光圀、水戸黄門様です!

目次

勇気の区別

武士道では「勇気」を明確に区別しました。

ここぞ!という場面で奮い起こす「大義の勇」と、ただただ考えもなく血気にはやる「匹夫(凡人)の勇」です。

勇猛果敢で命知らずが武士の本懐のように思われがちですが、無駄に死ぬことは「犬死」とされ、むしろ蔑まれていたのです。

真の勇気とは、武士道第一の徳目【義】によって奮い起こされるもののこと。

正しいと信じる事のために、今こそ命をかけて行動する!

真の勇気とは、「今こがその時である!」と決断できることだと思います。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる