【葉隠】腹を決めておく

大雨の感といふ事あり。
途中にてにわか雨に逢ひて、濡れじとて道を急ぎ走り、軒下などを通りても、
濡るる事は替わらざるなり。
初めより思ひはまりて濡るる時、心に苦しみなし、濡るる事は同じ。
これ万づにわたる心得なり。

葉隠より

大雨の戒めという言葉がある。途中でにわか雨にあって濡れないようにと道を急いで走って、軒下などを通っても、濡れることにはかわりない。はじめから濡れるものだと思っていれば、特に苦になることもないし、濡れることは同じだ。これは全てのことに通じる心得である。

目次

避けられないものは避けようとしない事

突然の雨に出会うと、屋根のある場所から場所へと走ったりしますが、走ったからと言って、濡れることにはかわりありません。

濡れる程度の違いがあるだけです。

つまり、絶対に避けられないものは避けられないのです。

予想できるものには、初めから腹を括っておく…

そうしていれば、無駄に苦しんだりストレスを抱えたりすることもなくなるということです。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる